ツアー旅行は、面倒な手続きなどをしなくても簡単に旅行を楽しむことができる方法として非常に人気があります。
これまでは旅行会社などで申し込んでいくのが一般的な方法でしたが、最近ではインターネットを利用して、いつもでどこでも24時間申し込みをすることができるようになり、さらに利便性が増しています。
しかしツアーを利用するときに気を付けておかないといけないのがキャンセルポリシーです。
キャンセルポリシーは、その予約をキャンセルしたときに支払わないといけない費用ですが、申し込み先によって期限が大きく異なってきます。
極端な例だとキャンセルできないようなものもありますし、数日前までであれば費用がかからないようなものもあります。

逆手に取る

ツアーをキャンセルするときには、キャンセル料がとられることが多くありますが、これを逆手にとって、ぎりぎりまで予約を持っておき、さらに条件の良いものがあれば乗り換える方法があります。
例えば、夏休みやゴールデンウィークといった繁忙期などは宿泊施設の予約が困難になります。
こうしたものは早いツアーだと半年以上前に販売開始されるものもあります。
そこで、販売されると同時にとりあえず予約をいれてしまう方法です。
このようにして複数の予約をとりよりよい商品が販売されたら変えていくのも手です。
このときキャンセルポリシーに注意して、できるだけぎりぎりまで探すようにすると、お得な商品が販売されたときにも後悔しなくて済みます。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年7月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031